先日、TVMicroが壊れたことをここに書きましたが、それを修理に出した顛末です。

iPodを修理に出した

TVMicroの話の前に、iPodを修理に出したときのことです。

8月の終わりごろ、iPodのイヤフォン出力端子の接触が悪くなり、海外からiPod 5G用の治具を取り寄せて分解を試みるも、頑として開かないので修理に出すことにしました。修理といっても実質交換なんですが。

IMG_3514.JPG

iPod 5Gカッコイイ!

これには新品の半額ぐらいのお金がかかりましたが、このスピードには正直驚きました。新品の半額、払ってやろうじゃないか、となってしまうわけです。これをふまえて・・

TVMicroを修理に出した

ちなみにフォーカルのサポートページには5営業日以内に返信します、と断り書きがある。

これ以降の対応は普通になる。

結果的にはAppleが交換品を送る間に1通のメールすら来ないという、惨憺たるサポートでした。本当にありがとうございました。

販売店のサポートで製品のメーカーは海外なので、それなりの時間がかかることは想定していましたが、ここまでとは。というか、これが普通なのかも知れませんね。Appleが異常と。Appleと比べたりしてごめんなさい的な。

無償交換となったので対応には納得していますが、次回からは有償修理だそうです。フォーカルはMac使い垂涎の品揃えなんですが、こんなに時間かかるのに有償修理なのかと思うと、故障して困るようなものは買うの躊躇してしまいます。

フォーカルポイントコンピュータ株式会社

TVMicro

Miglia