ことの始まりは今朝届いた1通のメール。僕宛のメールが「携帯に転送されてきている。設定を間違っていないか?」という内容のもの。相手の方のメールアドレスは全く身に覚え(過去に送受信した覚え)はない。

まず、疑ったのはレンタルサーバーです。しかし、どこの転送設定にも相手の方のメールアドレスは設定されていません(知らないんだから当然だ)。

Gmailに直接送ったテストメールは“無断転送"(適当な言葉が見つからない)されていないようなので、この時点ではレンタルサーバーのせいとしか思えません。でも"無断転送"されているかは相手がそのメールを再転送してくれるかどうかにかかっているので、全部のメールをチェックすることは難しい。確証がない。ヘッダーを見てもよくわからない。

犯人は誰だ?

独自ドメインのメールをフロントとして、メインはGmailを使用、バックアップをYahoo!メールにしています。

mail_transfer

とりあえず、今後のメール送受信は安全そうなGmailに統一、独自ドメイン(レンタルサーバー)で運用しているメールは使わないようにして、まっさらなレンタルサーバーを借りて、ドメインをそっちに書き換えて安全な環境を作ることにした。以前からさくらのレンタルサーバーに引っ越そうと思っていたのでさくらのスタンダードで契約、移行作業を開始しました。使用中のレンタルサーバーにも問い合わせを投げておきました。

その間にも、さまざまなケースで"無断転送"が行われるかのテストを行いました(相手にとっては、はなはだ迷惑な話ですが・・)。GmailからYahoo!メール、Yahoo!メールからGmail、Gmailから別アカウントのGmailなど・・しかし・・Gmailでも"無断転送"が行われているという再転送メールが送られてきました・・えええぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!いままでの対応は無駄だったのか・・

ことの顛末

その再転送メールには携帯での受信時のヘッダがついていました。相手の方はITリテラシーを持っているようです(これは非常に幸いなことです)。受信時のヘッダには見覚えのあるドメイン名がついていました。仕事で関わった、あるメールサービスのサイトのドメインでした。そして、そのサイトに僕も相手の方も登録していました。

そのメールサービスはGmailにPOPでアクセスしてメールを取得しているので、GmailのPOPを無効にしました。現在、このサービスが僕のメールを受信(受信してさらに転送?)しないのを確認しました。このサービスが原因であれば、これで"無断転送"は停止するはず・・←イマココ

いまだ確証はないものの、制作会社にも連絡をいれておく。

チカッパとロリポおじさん、疑ってごめんなさいごめんなさいごめんなさい。でもせっかくさくらに引っ越したので、しばらくはこのまま使い続けようと思います。

あれ?、もう夜か・・

追記

ロリポップからさくらへの引越はバイバイ、ロリポップ。が参考になります。以外と簡単でした。