ある程度蓄えが出来たので、前から行きたかった中国の桂林に行ってきました。なぜ桂林なのかというのはこれと言ってないのですが、なんとなく風景だけでショックを受けられそうだ、というのが理由です。