Articles tagged 'HTML'

標準モードでIE6で疑似フレーム(position-fixed;もどき)

-

IE6 以外では、position: fixed;がサポートされているのでどうってことはないが、IE6はposition: fixed;が使えないので、ごにょごにょしてなんとかしないといけない。

IE6でfloatした要素が兄要素のmarginを継承(?)する

-

出現条件を説明するのが難しい。IE6はfloatを指定した要素の親要素にwidth属性を指定するとfloatした要素の高さが親要素に含まれるバグがあります(詳しくはIEでfloat属性を指定した要素の親要素のborderが消えるバグを見て下さい)。このバグが発生している場合に、float属性を指定した子要素が兄要素に指定されているmargin-bottomを継承するみたい。

vertical-align属性と画像の垂直位置

-

どうも、IEだけ異なる挙動をするので、検証してみました。vertical-align 属性のキーワード指定の初期設定が違うだけなのかと思いきや。

ロールオーバーエフェクトなんて無くなればいいのに

-

以前、画像置換法の問題点について書きましたが、時は過ぎ、すっかり画像置換法のお世話になっています・・ 通常と hover 時の画像を1枚にしておくとプリロードの必要がないので便利です。ですが、最近は再び、その問題点についての議論が諸処で巻き起こっているようです。

IE5.5を回避/IE5.5だけに適用

-

対応しなければいけない可能性がでてきたので windows 版IE5.5に関するCSSハックを調査。

IEでfloat属性を指定した要素の親要素のborderが消えるバグ

-

しかし、floatって難儀だなあ・・・

Validな新規ウィンドウ

-

a要素のtarget属性は使用しないことが推奨されているが、別ウィンドウの必要性が無くなった訳ではないので、Valid な新規ウィンドウの開き方を考えてみた。既出かもしれませんが。

float属性を指定した要素の親要素の高さ

-

2コラムレイアウトなどでfloatで左右に振る方法があるが、floatを指定した要素を包含する親要素のボックスは高さ0でレンダリングされてしまう。

IEでの文書型宣言と(X)HTMLのレンダリング

-

たまたま、IE6でmarginプロパティによるセンタリングが再現できたので、原因を調査。

Dreamweaverがテンプレートの編集可能領域外に勝手にJavaScriptを追加して下さる件について

-

テンプレートをネストしてる場合の弊害ですが、いろいろ試した結果、回避方法がわかったのでメモ。

Safariの文字列折り返し

-

width指定した<table>内の文字列折り返しで、Safariだと指定したwidthを越えてしまう現象を発見。

IEで画像の上下に余計なスペースが空く

-

CSSでコーディングしていると、<li>要素とか<td>要素に配置した画像の上下が妙にあいてたりするんだけど、これがひとつの要因ぽい。

リスト要素のスペース

-

liタグはmarginpaddingだけでは意図したスペースが指定できない場合がある。モダンブラウザではwidthheightを指定するとイケテル。それでもIE6では2pxぐらい余分なスペースが空く。。。アンダースコア・ハックで別な値を指定しないとだめっぽい。。。

文字コードを宣言しないと

-

Safariで文字化けするのは<head>内で文字コードを宣言してないかららしい。
古いコンテンツを焼きなおすときは気をつけないとね。