Gitを使えるようになりたいので
自分のサイトをGitで管理したいと思いまして。

git.hubをちょっと使ってみてはいるもののGitそのものはよくわかっておらず
何となくイメージで適当にローカルとサーバーにそれぞれ
リポジトリ置けばいいんだろうと思っていたらそんな単純なものではなかった。

Gitのリポジトリにはbareとnon-bareがあるということを知らず…
最初うまくいかなかったのは多分、両方non-bareリポジトリにしてしまってたからで、
だからといってリモートをbareリポジトリにしてしまうとワーキングディレクトリがないので
pushが成功してるのにファイルが作成されず、なんでかなーといろいろググることとなりました。

こちらのサイトがドンピシャだったので参考にさせていただきました。
本記事はほぼ受け売りとなっております。本当にありがたいです。

サーバー側作業

1.管理リポジトリを作成

SSHでサーバーにログイン
サーバーの非公開領域に管理リポジトリを入れるディレクトリを切る

1
mkdir repos

自分もちょうどhetemlなので~/に作った

今回のプロジェクト用のディレクトリを切る

1
2
cd /path/to/repos
mkdir hogehoge.git

今回のプロジェクト用の管理リポジトリを作成(ここにローカルからpushする)

1
2
cd /path/to/repos/hogehoge.git
git init --bare --shared

2.公開リポジトリを作成

公開領域に管理リポジトリのクローンを作成(このワーキングディレクトリが公開される)
なお、hogehoge.gitをクローンするとhogehogeディレクトリが作成される模様

1
2
cd /path/to/web/
git clone /path/to/repos/hogehoge.git

3.pullの自動化

管理リポジトリに戻り、公開リポジトリへ自動的にpullするためのhookを設定する

1
cd /path/to/repos/hogehoge.git/hooks

内にpost-receiveを作成し実行権限を与える post-receiveの中身は:

1
2
cd /path/to/web/hogehoge;
git --git-dir=.git pull

post-receive.sampleというサンプルファイルがある

ローカル作業

1.middlemanの初期化

任意の場所にmiddleman initするbuildはまだない

2.ローカルリポジトリの作成

SourceTreeでローカルのリポジトリを作成 リポジトリの保存先をmiddlemanのbuildディレクトリに指定する(ここでbuildディレクトリができる)

2.ローカルリポジトリにリモートリポジトリの追加

作成したローカルリポジトリにリモートの管理リポジトリを追加する
URLはこのようになる:

1
ssh://user@sshXX.heteml.jp:2222/path/to/repos/

これでmiddleman buildしてSourceTreeでcommitしてpushすれば反映される。やったね!

管理体制をイメージにしてみました。

repository-image

追記:2014.05.28

middlemanディレクトリ全体をデプロイする

サーバー側作業

サーバーの管理画面等で公開リポジトリのbuildディレクトリをウェブルートに指定する

ローカル作業

リポジトリの保存先をmiddlemanのディレクトリに指定する