対応しなければいけない可能性がでてきたので windows 版IE5.5に関するCSSハックを調査。

標準モードでのレンダリングにはデメリットはないと思っていたが、IE5.5ではそもそもDOCTYPEスイッチすら実装していないと。windows 版IE5.5(以下)は後方互換モードでしか表示できないそうな。これって mac 版IEよりたちが悪いですよ。mac 版IEは一応DOCTYPEスイッチ実装してますから。まあ、windows 版IE5.5マストな場合は滅多にないんで、デメリットというほどのものではないですが。

結局、後方互換を基準にコーディングしてブラウザごとの解釈の違いに泣かされるよりは、最初から標準準拠で標準モードをターゲットとしてコーディングした方が効率は良い。windows 版IE5.xなど特殊な場合だけ切り分ければ良い。

というわけで、どうやって windows 版IE5.5だけ切り分けるのかを考えなくてはいけないので、調査しました。

Tantek Box Model Hack

1
2
3
4
5
6
optional_class_or_id {
    /* for windows IE5.x */
    voice-family: "\"}\"";
    voice-family: inherit;
    /* exclude windows IE5.x */
}

Tantek Box Model Hack というIE5.xを振り分けるハック。個別対応用かな。

コンディショナルコメント

1
2
3
<!--[if IE 5]>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="optional_winie5x.css" />
<![endif]-->

IE専用の条件コメントです。まとめてcssファイルを適用するときはこれでしょうか。

Band Pass Filter

1
2
3
@media tty {
    i{content:"\";/*" "*/}} @import 'optional_winie5x.css'; /*";}
}/* */

Band Pass Filter のIE5.x用です。これは・・・validなんだろうか?