MacのUIに最適化していて使って楽しいCoda 2。

テンプレート機能があれば完璧なんですが、残念ながらないのでPHPで簡単に作ってみる。MAMPを使えばローカルに簡単にPHPが動くサーバ環境ができるのでこれを利用します。ちなみにPHPは素人です。Wordpressのテーマカスタマイズをする程度です。

おおまかな流れは

という感じです。

必要なもの

構成例

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
--index.php
|--/css
|--/js
|--/img
|--/includes
|    |--config.php
|    |--header.php
|    |--footer.php
|    `-...
|--/any category
|    |--index.php
|    `--/any subcategory
|         `--index.php
|--.htaccess
`--...

ここではindex.phpはいわゆるコンテンツページです。
(ヘッダとフッタをテンプレを読み込む形に変更したもの)

まず、基本となるコンテンツページ。
テンプレートファイルの読み込みとページ専用設定、それにページのコンテンツが入ります。
ページ専用のidとレイアウト区分(1カラムとか2カラムとか)を変数として使うという想定です。
$category等としてカテゴリーを入れてもいいと思います。

index.php

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
<?php

define('DOC_ROOT', $_SERVER['DOCUMENT_ROOT']);
include DOC_ROOT . '/includes/config.php';
$docId = 'index';
$layout = 'layout-hogehoge';
$title = 'PAGE TITLE' . ' | ' . $siteinfo['name'];
include DOC_ROOT . '/includes/header.php';

?>
  <article>
    HERE IS ARTICLE
  </article>
<?php

include DOC_ROOT . '/includes/footer.php';

?>

次に読み込まれる側のパーツを作っていきます。

まず、設定ファイル。全ページで共通の設定などをしていきます。
ここではサイト名称とルートのURLをWordpress風に$siteinfoに持たせています。
$rootはhttp://example.com/hoge/をルートにしたい場合のために用意しました。
相対パスを出力するための関数も作りました。

includes/config.php

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
<?php
$protocol      = ($_SERVER['HTTPS']) ? 'https://' : 'http://';
$host          = $_SERVER['HTTP_HOST'];
$root          = ''; // `/hogehoge`
$siteinfo      = array(
  'name' => 'SITE NAME',
  'url'  => $protocol . $host . $root,
);

function rel_root($show_root = false) {
  global $root;

  $path     = '';
  $dir      = str_replace($root, '', $_SERVER['REQUEST_URI']);
  $count    = count(array_filter(explode('/', $dir), 'strlen'));
  $reg_html = '/.+\.htm?l/';
  $is_html  = preg_match($reg_html, $dir);

  if ($is_html) {
    $count--;
  }
  if ($count < 0) {
    $count = 0;
  }
  if ($count == 0) {
    if ($show_root) {
      $path .= './';
    }
  } else {
    for ($i = 0; $i < $count; $i++) {
      $path .= '../';
    }
  }
  return $path;
}
?>

includes/header.php

ヘッダとフッタの例です。専用スクリプトなどを切り分けるためにscripts.phpもインクルードできます。必要ならsidebar.phpなども入れられるです。

設定ファイルで作った相対パスを書き出す関数を使っています。階層に従って“../”を追加します。引数にtrueを渡すとルートの場合に“./”を返します。(まあ“/”直書きしといてもいいですが)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">
<title><?= $title ?></title>
<meta name="keywords" content="">
<meta name="description" content="">
<link rel="shortcut icon" href="<?= rel_root() ?>favicon.ico">
<link rel="stylesheet" href="<?= rel_root() ?>css/com.css">
<link rel="stylesheet" href="<?= rel_root() ?>css/<?= $docId ?>.css">
</head>

<body id="<?= $docId ?>" class="<?= $layout ?>">
  <a name="pagetop" id="pagetop"></a>
  <header>
    HERE IS HEADER
  </header>

includes/footer.php

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
  <footer>
    HERE IS FOOTER
  </footer>
<?php

include DOC_ROOT . '/includes/scripts.php';

?>
</body>
</html>

※PHPスクリプトはWebサーバで公開することは想定していません。

ツールを使って静的ファイルとしてダウンロード

PHPで構築したローカルサイトからダウンロードすることでHTMLファイルを生成します。

例としてSite Suckerです。

settingsを変更→URL入力→ダウンロード

デフォルトではReplace Filesは「Never」になっています。ダウンロードするたびに古いファイルを捨てる必要があります。「with Newer」でよいと思います。

また、HTML Processingが「Localize」になっていますが、これだとURLによけいな“index.html”を追加してしまうので「None」としておきます。

こうしてダウンロードしたものからゴミをとって(Site Suckerの場合__00というエイリアスがあるので削除します)、あとは煮るなり焼くなり納品するなりご自由に。

設定しなおさなくていいようにSite Suckerの設定は保存しておきます。

index.html以外のhtmlファイル

基本的にhttp://example.com/hoge/fuga/のように“/”で終わるURLを想定していますが
どうしてもhoge.htmlなどが必要な場合があるかも知れません。

このままでhoge.phpを作成してもダウンローダーはphpファイルをダウンロードしてしまうので
(ロダによって違うのかも知れませんが).htaccessを使ってhtml拡張子でphpを実行させる必要があります。

1
AddType application/x-httpd-php .htm .html

MAMPならこれをサイトルートに置けばhtmlでもPHPを実行できます。
(この場合はコンテンツはすべてhtml拡張子で統一した方がいいかもしれません)
とりあえずごくごく簡単なところでまとめてみました。使っていきながら改良したいと思います。

追記:html形式だと相対パスがおかしくなるのでrel_root関数修正しないとです。

12/4:rel_root関数修正