DA : Exhibition Channel

日本デザインセンター 原デザイン研究所

以前、TOKYO DESIGNER’S WEEK に行ったときに登録したDAのメルマガで原研哉さんの特別講座の募集をしていたので、行くしかないと思い登録。

原研哉さんを知ったのはたまたま書店でデザイン系の本を漁っていた時。真っ白なコート紙に黒でタイトルと著者名だけの装丁にひかれた。

IMG_1549.jpg
ともかく、すごい人気でした。

今日の内容は、日常性の中に潜むデザインの種子である「リ・デザイン」、情報の受け手の側に存在するチャンネル(五感)に積極的に働きかけるという「HAPTIC」、既知の情報を未知化して発信する「Exformation」といった原さんのキーワードにそって進んだ。

これらの話に共通しているのは、実は「身の回りにある」ということだろう。デザインは脳味噌を絞りに絞っていいものができるのではなくって、あたりまえに僕たちが持っているセンサーにひっかかる、ほんのちょっとしたシグナルを感じ取れるかにあるんだと思う。

「デザインとは?」という問いはデザインを仕事にしている人なら誰でも考えていることだと思うけど、その手がかりのひとつになりそう。

DAはデザイン講座をテレビ東京で放送しています。僕は1回しか見たことありません・・・
原さんの講座は9月の金曜日26:45-27:15に放送するそうです。
興味ある方は見てみてね。