Middlemanにはmiddleman-blogという付属のgemがあるので、これを使ってリニューアルを行いました。日付アーカイブや、タグ、ページネーションといったブログの基本機能が備わっており、markdownファイル自体が記事となります。確認はローカルでできますし、変更はLive Reloadですぐ反映されます。テンプレートはもちろんSlim+SASSで超速で書けます。

さらに、Gitのリモートにhookしているのでpushするだけで公開できるようになっています。
markdownがデータベースで、GitがCMSみたいなものです。

動的なことは一切できないですが、やることがシンプルになりました。
何か久しぶりに書いていて楽しかった。筆も進むというものです。

markdownへの変換

wordpress-to-middleman

WXR形式のxmlをmarkdownに変換する
ファイル名にスラッグを使うように変更したりちょっといじって使用

Disqusの導入

Middlemanでは動的な機能は組み込むことができないのでコメントは外部サービスのDisqusに移行しました。 WordPressからWXR形式のxmlをエクスポートしてDisqusのadminページでインポートするのが早いようです。 (Admin » Discussions » Import)

WordPressプラグインはうまくいきませんでした。

現状で実現できていないこと